彼岸も過ぎて

シルバーウィーク

画像


画像


画像


彼岸花が白く朽ちてきている。
彼岸の中日にあわせたかのように鮮やかだった彼岸花も無残。
亡き人を、先祖を身近に感じながら過ごした一週間も終わった。
一人で、あるいは家族と、親戚とそろってのお墓参りも良いお天気に恵まれた。
シルバーウィークは私にとって改めて先祖に手を合わせる日々。
国民の休日なんてこじつけのような休みは変な感じ。

画像

島田裕巳という人のこんな本を読んだ。
「0葬  あっさり死ぬ」
ふざけた題であるが中身はとてもまじめ。
近世からの葬式やお墓について述べ、今急激に変わりつつあるそれらについて考察している。
私の住むこんな田舎でも(というか田舎だから)墓じまいという言葉を聞くようになったし、管理する人のいないお墓も増えている。

画像

「極楽鳥花は慶事にも仏事にもいいらしいよ。沖縄の知人からたくさん送ってきてくれたのでお裾分け」と義妹がお彼岸に持ってきてくれた。


同窓会
画像

25日。短大の同窓会がありました。
走っている近鉄特急の窓から撮した東寺の塔
画像

画像

会場はJR京都駅にあるホテルグランヴィア京都
1番みんなが集まりやすいと言うことでここ数年同じ会場です。
画像

七階の窓から見た市内の風景
画像

残念だったのは出席人数が少なかったこと。
遠く山口県から毎年出席の方もいるというのに、、。
幹事さんは「もうそろそろおしまいにしようか」と弱気です。
50数年も毎年欠けずに続いてきたと言うことは、考えてみると大変なことなのだからもう少し続けようと言うことになりました。

74年、みんな色々な人生経験を積み今があると言うことで話にもそれぞれ味わいがあります。
Yさんは詩吟を披露してくれました。
Tさんは手作りのかわいいマスコット人形をみんなのお土産にくださいました。

体力が落ちた、気力が無いと情けないことばかり言っている私には良い刺激になりました。
画像



                                                  おしまい